当院は診療所であり、通常の診療は数分の診療時間しか取りにくく、また現在の診療報酬体系の中にはEMDRなどの心理療法に対する報酬の規定はなく、診療報酬の規定にない料金は保険医療機関ではとってはいけないというルールがあり、保険医療機関としてはEMDRがしにくいという実情があります。そこで平成10年2月より併設されました姫路カウンセリングルームにて規定の料金を頂きながら実施しています。

 カウンセリングは、医療機関である本多クリニックで治療を受けている患者さんのみを対象としております。本多クリニックを受診せずにカウンセリングだけをうけることはできません。これは、カウンセリングを受ける患者さんへの責任として本多クリニックで判断し、関わっていく必要があると感じているからです。

 カウンセリングルームでは、日本EMDR学会の理事長であり日本におけるEMDR治療の啓蒙・普及活動に力を入れておられる市井雅哉先生(兵庫教育大学附属発達心理臨床研究センター・トラウマ回復支援研究分野教授)ご指導の元、その弟子に当たる臨床心理士がEMDR治療を担当いたします。

 また、もちろんトラウマ治療のみならず、通常のカウンセリングや、必要に応じて各種心理検査も行っております。

 

料金

  • 60分の面接が10,800円(税込み)
  • 90分のEMDR治療は16,200円(税込み)

キャンセル料について

 これまでカウンセリングではキャンセル料を徴収することなく長年やってきました。しかし、しかしこのところキャンセルが増えてきて困るような状況が見られます。そこで、平成28年1月からカウンセリング予約当日のキャンセルについてはキャンセル料をとることにしました。

  • 連絡のなかったキャンセル 100%
  • 当日に連絡したキャンセル 50%

 前日までにキャンセルの連絡をいただければキャンセル料が発生しませんが、例えば月曜日の予約のキャンセルを日曜日に電話してもクリニックは閉まっておりますので、土曜日の午前中でクリニックにつながるときにキャンセルしないとキャンセル料がかかります。また当日に予約を他の日に変更した場合も当日分はキャンセルした扱いになります。ただし、台風などの自然災害や事故による電車の遅れなどの不可抗力の場合にはキャンセル料はいただきません。単なる交通渋滞による遅れの場合は不可抗力とはみなしません。

 キャンセル料がお支払いできない場合は、残念ながら以後カウンセリングを受けていただくことができないということになります。

 よろしくご理解をお願いいたします。

臨床心理士のスケジュール

市井
大塚
大塚
福山
大塚
福山
桃田
桃田

 

臨床心理士の紹介

林由香
臨床経験17年。EMDR、PE(長時間暴露療法)など各種心理療法を行っています。そのほか、乳幼児期から成人まで発達の問題や、子育ての悩みについても取り組んでいます。
市井雅哉
兵庫教育大学附属発達心理臨床研究センター・トラウマ回復支援研究分野教授。臨床経験27年。EMDRという心理療法を用いてトラウマ及びPTSDの治療を得意分野としています。日本EMDR学会理事長を務め、日本におけるEMDRの研究や・普及活動にも力を入れています。EMDRIA認定コンサルタント&トレイナー、EMDR Institute トレイナーの資格も持ち、「トラウマからの解放:EMDR」二瓶社、「EMDR-外傷記憶を処理する心理療法」二瓶社などの翻訳も出版しています。専門行動療法士として認知行動療法にも通じています。
福山絵美
臨床経験6年。看護師資格、EMDR臨床家資格保有。EMDR、認知療法、行動療法、応用行動分析、各種リラクゼーション法などの心理療法に通じています。精神病院の看護師としての経験があり、様々な年齢層・病理レベルの疾患に対応しています。
大塚美菜子
臨床経験6年。EMDR(臨床家資格保有)、認知行動療法(認定行動療法士)、臨床催眠など各種心理療法を用いた支援を行っております。精神科病院外来、ストレスケア病棟等で臨床経験を積み、PTSDや解離性障害、発達の問題などに取り組んでいます。

 

よくある質問とその答えを書いておきますので参考にしてください。

質問「そちらでEMDRを受けたいのですが?」

答え「当院は医療機関です。医師の診察と診断が必要です。つまり、来て最初からカウンセリングということはできません。また、医師による診察・診断は1回で終わるかどうかはわかりません。何度か医師が診察をして、必要だと判断されたらカウンセリングにまわってもらうということで、ケースによってはEMDRやカウンセリングにまわってもらわない場合もあります。これは当院が医療機関であるので省略することのできない手順です」

質問「私の症状は○○○なのですが、EMDRが受けれますか?」

答え「残念ながら電話口に出るのは受付の職員なので、専門的な知識はありません。症状やEMDRについての質問・ご相談には答えられません。電話で相談できる体制にはなっていません。トラウマがあるのかどうか、EMDRの必要があるかどうかの判断は医師の診察を受けていただき、医師の判断によって決まります」

質問「他の医療機関で治療中なのですが?」

答え「他の医療機関で治療中である場合、ご自身ではトラウマの問題だからEMDRでよくなりたいと考えておられても、現実的にはトラウマの問題以外の精神疾患が存在している可能性が高いわけです。まずは、現在みてもらっている主治医との相談をよくしてください。主治医との相談なく自己判断は好ましくありません。また、薬物療法は他院でトラウマの治療だけ当院でという形ではお引き受けしておりません。あくまでも患者さんの全体像を把握しながら治療についての判断をしていく形をとっております。ですから、他院で治療を受けながらEMDRだけ当院でやってくださいというご要望にはおこたえできませんのでご了解ください。また他の疾患があるということで、全体像の把握に時間がかかることが予想されますので、来てすぐにEMDRなどの心理療法が始まるというのは望みにくく、ある程度時間を要することもご理解ください。そして、判断によってはEMDRなどの心理療法の適応がないという場合もあり得ますのでご了解ください

質問「摂食障害はEMDRでなおりますか?」

答え「放送ではトラウマにより摂食障害も起こってくるように見える図が出ていました。それを見ますと、摂食障害もEMDRで治るのか? と思われる方がおられるのはもっともなことですが、現実的には当院での経験としてはEMDRで摂食障害が治るということは言えません。つまり、摂食障害の原因はトラウマであるという単純な因果関係ではなく、トラウマ以外の要因も複雑にからみあっているのだろうということです。当院でも摂食障害の患者さんは来られますし、EMDRを試みるケースもありますが、実際にはそれだけで摂食障害が改善するわけではないという経験がほとんどです」

質問「うつ病はEMDRでなおりますか?」

答え「放送ではトラウマによりうつ病も起こってくるように見える図が出ていました。それを見ますと、うつ病もEMDRで治るのか? と思われる方がおられるのはもっともなことですが、現実的には当院での経験としてはEMDRでうつ病が治るということは言えません。つまり基本的にはうつ病という病気はトラウマが原因であるとは言えません。うつ病のように見えているけれども、実はトラウマの問題が隠れていてそれを治療することで症状がよくなったというケースが放送では紹介されていましたが、そうしたケースも中にはあるということです。うつ病の多くはトラウマが原因ではなく、心理療法では改善せず、薬物療法が重要な治療方法なので、安易にEMDRや心理療法で治ると早合点してはいけません。現在治療中の方は、見てもらっている主治医とよく相談をしてください。また診断名が”躁うつ病”ないしは”双極性障害”と言われている方の場合は、さらに治療法としては薬物療法の重要性が高くなります。躁の症状が見られたことのある方の場合、心理療法の適応になる可能性は低いとご理解ください」

質問「臨床心理士の○○先生のカウンセリングを受けたいのですが?」

答え「現在、受診希望が多すぎてカウンセリングの予約が取りにくくなっています。臨床心理士の指定も難しくなっています。また、曜日によって来ている臨床心理士が違うので、患者さんの都合を聞きながら相談して決まる形になります」

質問「保険証がいるのですか?」

答え「当院は保険医療機関ですので、診察には保険証が必要です。ただし、何らかの理由で保険を使わない自費診療が希望の場合はそういう扱いも可能です」

質問「EMDRやカウンセリングには保険はききますか?」

答え「残念ながら、EMDRやカウンセリングには保険はききません。自立支援医療や、生活保護などの公的扶助もききません」

質問「EMDRやカウンセリングの費用はどれくらいですか?」

答え「下に書いてありますように、1時間1万円、1.5時間1万5千円です。EMDRを実施する日は90分の時間をとってすることが基本なのでその日は1万5千円かかります。EMDRの準備作業の時点では、通常のカウンセリングとして1時間1万円かかります」

質問「カウンセリングがはじまったとしたらら、すぐにEMDRを受けられるのですか?」

答え「EMDRを目的にカウンセリングが始まったとしても、すぐにEMDRをすることはできません。最初にEMDRの準備作業にある程度の時間がかかります。トラウマの内容も聞きますが、生育歴を聞いたり、問題のトラウマ以外のトラウマがないかどうかなど、十分な準備作業が大切です。大きな外科手術をする前には数多くの検査をして準備するのと同じ理屈です」

質問「遠方から行くことになるのですが、何回くらいのカウンセリング回数になるのでしょうか?」

答え「トラウマがありEMDRが必要だとしても、複雑なトラウマの場合には、当然カウンセリングやEMDRにも時間がかかります。なので、何回くらいでというめども立ちにくいのが実情です。そのため遠方からの受診は交通費がかかりすぎる、時間がかかりすぎるということで事実上治療が難しいことが多いように思います。日本EMDR学会の治療者リストなどを参考に、通いやすいところで受けられることをお勧めします。」